2010年04月08日

社会起業支援サミットを振り返っ て〈仮屋編〉

私は今回のサミット開催を通じて、自分の社会でのマナーの認識が甘かったということを
とても痛感しました。
電話の受け答え、社会人の方との会話も話し方に自信がもてずに、
はっきりとした話し方ができていなかったと感じました。
社会にでる前に自分のたりない部分を知ることができてとても良かったとも思っています。
社会起業家の方々を不愉快な思いにさせてしまうことも多々ありました。また、社会人の方と接するときに今回のことを踏まえて不愉快な思いをさせないように勉強していきます。
雑学ももっと知らないと社会人の方と会話ができないということもよくわかったので、さまざまな分野の知識を少しずつ増やしていこうと思いました。
イベント開催の目的だった、社会起業の活動を市民の方に周知することができなかったのが残念ですが、サミットを開催できて安心しました。
発起人ということでもっと自分から前にでていくべきだったと後悔もしています。
先生やスタッフに助けられたことも多かったと感じています。
本当にありがとうございました。
次回の課題などまだ欠きたいこともありますが、長くなるのでこれで終わります。
皆さんお疲れさまでした。
次回のサミットは今回以上のサミットができるように頑張っていきましょう!


同じカテゴリー(反省会)の記事
 社会起業支援サミットのまとめー三輪 (2010-05-08 23:32)
 社会起業支援サミットを振り返っ て〈井上編〉 (2010-04-08 08:23)
 社会起業支援サミットを振り返っ て〈吉池編〉 (2010-04-08 08:19)

この記事へのトラックバック
 福祉作業所のお店といったら、市町村の福祉まつりとか、
県庁前楠並木通りのイベントとか、継続性のないものば...
WEBで福祉作業所のお店【宮崎のNPOの魂を伝えるブログ】at 2010年07月17日 21:24
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

<?=$this->translate->_('削除')?>
社会起業支援サミットを振り返っ て〈仮屋編〉
    コメント(0)