2010年02月20日

長崎まで自転車通勤(ひまじん 松本さん)

 松本さんの徹底したエコライフの話を聞くと、ふだんの自分の生活が、
間違っているような気がしてしまいます。

 休憩時間に入ったトイレでも、当たり前のように、
電灯はつけませんでした。

 長崎大学まで、宮崎から、自転車で通勤する松本さんは、
非常勤講師ではなく、非常識講師と言われています。

 環境に対するシステムは、比べようもないくらい、ドイツや
デンマークは進んでいます。

 ドイツでは、すでに、ゴミを分別しなくていい時代に入っています。

 いろんな国に行って考えたことは、ひとつだけ。
やっぱり、宮崎に住んで、宮崎から発信したい。

 そんな中で、自分が、どう生きるか。自分が、どうやって、
食べながら生活していくか。テレビや新聞ではなく、
自分の目で見て、考えることが必要だと松本さんは言います。

 フランスには、車のない街があります。
パーク&バスライドで、地区から、車のない生活を実現しています。

 富山のライトレールも紹介されました。
廃線になったJRに、低床の路面電車を導入したそうです。

 松本さんは、自転車で、世界を回っています。
気に入った街があったら、1ヶ月づつ暮らして、また、宮崎に帰ってきます。

 世界一Co2を削減した街の教育の話から、
日本の教育改革の話になりました。

 センター試験をやめる! と松本さんは宣言しました。

 ほんとうに学ぶべき年齢の時に、やるべき勉強ができない。

 大学3年生での就活をやめて、日本人に、考える時間を与える。

 センター試験のかわりに、各個人の履歴をつくって、それを大学が評価する。
入りやすく、出にくい大学にすることも必要です。

 松本さんにとって、環境問題は、あくまで切り口です。
教育問題や、経済問題も、みんなつながっています。

 ヨーロッパでは、民主主義が進んでいるから、環境の街づくりができます。
議会も、夜、開かれます。企業の意見より、市民の意見が反映されます。

 チェンマイでのエイズプロジェクトでは、
日本の発酵した米ぬかで、免疫力を上げています。

 最後のユーチューブタイムは、この一言で始まりました。

 この自転車で、世界を6万キロ走ってきました。

 ブレのない生き方に、話を聞いていて、すがすがしい気持ちになりました。

                           [by せとぽん]


☆当日のプレゼンの様子はコチラ


同じカテゴリー(当日の様子)の記事画像
NHKさまに取り上げていただきました。
【プレゼン】NPO法人宮崎文化本舗さま
【プレゼン】環境NPO法人H-imagineさま
現在開催中。
同じカテゴリー(当日の様子)の記事
 お客さんに喜んでもらう!!(石田達也さん) (2010-04-08 08:09)
 日本の教育を変える!!(松本英揮さん) (2010-03-13 01:21)
 子どもの力を社会の歯車の一つに!! (佐藤健郎さん) (2010-03-03 18:44)
 【動画投稿】NPO法人宮崎文化本舗さま (2010-02-23 22:16)
 【動画配信】NPO法人H-imagine さま (2010-02-23 17:06)
 【動画配信】合同会社らくがきART さま (2010-02-23 15:19)

この記事へのコメント
お疲れ様です!
いやーすごいなぁ…
考えさせられるね!
自分の生活を見つめ直さなきゃと思いました。

実際に見に行きたかったけど行けなくて残念↓
頑張ってください♪♪
Posted by 宝満 at 2010年02月20日 16:47
>宝満さま
コメントをありがとうございます(人-)謝謝
私たちも松本さんのお話を伺い、また、自転車も見せていただき、自分自身の生活を見直そうと心新たにしたところです。

また、次回もこのようなサミットを開催していきたいと思っています。その折には、ぜひご参加ください。お待ちしております。
Posted by CCC宮崎CCC宮崎 at 2010年02月21日 22:49
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

<?=$this->translate->_('削除')?>
長崎まで自転車通勤(ひまじん 松本さん)
    コメント(2)