2010年02月12日

【取材】NPO法人ドロップインセンターさま (前編)

本日は、NPO法人ドロップインセンター様へ取材に行かせていただきました。
インタビューに応じてくださったのは、現在(3代目)の理事長 藤崎路子さん、
2代目の理事長 黒田奈々さん、初代理事長 原田和代さんです。
みなさん、とても柔らかな雰囲気の中にも、凛とした筋があって、とても素敵でした。
また、子どもさんとも遊ばせていただき、スタッフの方には大変お世話になりました。
ありがとうございました。

(写真:とても楽しげな、こどもらんどのサイン)

♪゚インタビュー ここから+。+゚♪゚+。+゚♪゚+。+゚♪゚+。+゚♪゚+。+゚♪゚+。+゚♪゚+。+゚♪
CCC まずは、活動のきっかけについて教えてください。

原田 少し長くなりますがいいですか?(全員笑)。1998年にNPO法ができて、いろいろ勉強する機会がありました。当時、私たちはおやこ劇場という活動をしていたのですが、法律ができたとき、私たちのために法律ができた!と思いました。何かしようというときに、人間は変化がいやだというタイプと変化したいと思うタイプがいますよね。その中で変化したい、という人たち5人が集まって、2000年にNPO法人みやざき子ども文化センターを立ち上げました。4年間活動していく中で、本当にやりたかったことは何だっただろう、と考えることがしばしばありました。そのとき、自分自身の経験を思い出したんです。私は生まれが関西で、慣れない土地である宮崎で子育てする中で、孤立感や焦りを感じていました。子どもってこんなに泣くんだとか、そういったことで不安になり、話し相手は夫だけ。そんな状況で、ああ、大人の会話がしたいなと思いました。そんな経験を思い出すと、ああ、私がしたかったことは、親を支援することだと思いました。そこで、今の団体を2代目の理事長である黒田さんと刀根さんとで立ち上げました。

CCC なるほど。親の支援というのは、あまり聞かない支援だと思うのですが、どういうお考えで活動されていますか?

原田 子育てを考えることは、地域を耕すことだと思っています。子どものために地域づくりをしたいんです。子ども本当に幸せを感じられるためには、親が幸せでなくてはいけない、親が幸せになるためには、地域が幸せでなくてはいけない、ということです。

藤崎 そうです。子どものことを考えるということは、私たちの未来を考えることでもあるんです。

CCC そうですね。大人と子どもというのは連続していますよね。そういった親の支援に関する現在の活動について教えていただけますか?

藤崎 まず、子どもの預かりです。現在携わっている方が40人弱で、だいたいの方が有償ボランティアで、保育士などの資格を持った方もいます。

CCC 資格を持たないと、ボランティアできないのでしょうか?

藤崎 いえいえ、そんなことはありません。よくよく伺ってみると、看護士だった、とか保育士だった、とかいうこともありますが、それありきではありません。

原田 そうです。私たちはそういった支援者研修を年に50回ほど行っていますが、こういった研修を受けていただくことと、コミュニケーションがとれることが条件です。
私たちの活動ですが、年に144回の研修事業がメインです。平成21年度総会議会議案書を観ていただくとわかるのですが(はじめてこうした資料をいただきました)、親支援講座NPと書かれたものがメインです。NPというのは、Nobody’s Perfectというカナダで生まれたプログラムです。完璧な親なんていない、という考えをもとに、どんな親でも解決できる力がある、必要な情報を得る、お金がかからないことを三本柱に学びます。誰だって新米、必要なときに助けを借りていいんだよということなんです。私たちは、あくまでも助手席に座ります。運転するのは親自身です。親子の問題を解決できるのは親自身なのですから。



(写真:たくさんの絵本におもちゃ。ゆっくりくつろげる畳に寝っころがる親子連れの姿も)

CCC なるほど。とてもいいプログラムなんですね。そうした活動はどうやって運営されているのでしょうか?

藤崎 観ていただくとわかるとおり、市などの委託事業と福祉系の助成金でまかなっています。もちろん自主事業(利用者負担を含む)もあります。その組み合わせは、事業ごとに異なっています。

CCC なるほど。でもこれだけたくさんの委託や助成金をとられるというのはすごいですよね。

原田 やっぱり、福祉という分野は、行政が担う分野なのだろうと思います。ビジネス化しようとしても、やはり利用者の方に高額の負担は難しいですし、ビジネスの仕組みをもう少し考える必要はあるのですが、なかなか難しいと思っています。どなたが、ビジネス化できるように知恵をいただけませんか?

続きは後編へ。。。


同じカテゴリー(取材)の記事画像
【取材】NPO法人ドロップインセンターさま (後編)
【取材】NPO法人宮崎文化本舗 石田達也さん (後編)
【取材】合同会社らくがきART 佐藤健郎さん 後編
【取材】合同会社らくがきART 佐藤健郎さん 前編
【取材】有限会社綾わくわくファーム 濱田倫紀さん(後編)
【取材】有限会社綾わくわくファーム 濱田倫紀さん(前編)
同じカテゴリー(取材)の記事
 【取材】環境NPO法人H-imagine 松本英揮さん 後編 (2010-02-18 05:13)
 【取材】NPO法人ドロップインセンターさま (後編) (2010-02-15 22:27)
 【取材】NPO法人宮崎文化本舗 石田達也さん (後編) (2010-02-15 20:45)
 【取材】合同会社らくがきART 佐藤健郎さん 後編 (2010-02-15 15:53)
 【取材】環境NPO法人H-imagine代表 松本英揮さん (2010-02-12 15:26)
 【取材】NPO法人宮崎文化本舗 石田達也さん (前編) (2010-02-12 01:35)

この記事へのコメント
本日は取材お疲れ様でした。
ご紹介ありがとうございます。

私は主に事務所に勤務している為、こどもらんどに居る事は滅多にないのですが、タイミングよくお会いできて嬉しかったです。

今後ともよろしくお願いいたします。

みやざきママパパhappy
二見
Posted by ミヤマパミヤマパ at 2010年02月12日 21:37
みやざきママパパhappy
二見様

スタッフ三輪@CCC宮崎です。
こちらこそ、お会いでき、またご連絡がとれない理由がわかり、安心いたしました。
こちらこそ、どうぞよろしくお願いいたします。
そして、また来年、よろしくお願いいたします。
Posted by CCC宮崎CCC宮崎 at 2010年02月14日 17:40
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

<?=$this->translate->_('削除')?>
【取材】NPO法人ドロップインセンターさま (前編)
    コメント(2)